ちゅ~るという名の魔法

 

【今日の一首】

 

この世にも魔法はあるね逃げまくる子も引き寄せるその名もちゅ~る

 

みなさん、こんにちは。

当ブログを訪問してくださいまして、ありがとうございます。

筆者のマリベルと申します。

 

このブログでは、私と飼い猫「おもち」の平凡な日々を短歌にのせて詠っております。

五・七・五・七・七の調べでお読みいただけると嬉しいです。

毎回、短歌と共に、その歌が詠まれた背景の説明も付けております。

短歌は自己流で始めたばかりですので、お見苦しい点はご容赦いただければと思います。

また、PCでは情緒あふれる縦書きスタイルでご覧いただけます。

 

【今日の一首の背景】

 

令和二年八月末に我が家にやってきた、元保護猫の「おもち」。

居場所のわからない隠れんぼとシャー攻撃が続きました。

「どうしたら私たちの近くにいてくれるようになるのだろう」

連日の家族会議が続きました。

 

あるとき夫が「ちゅ~るで釣ればいいんじゃない?」と。

そんなもので釣れるんかいな?と半信半疑だった私。

 

試しに1歳未満の子猫用ちゅ~るを買ってみました。

まずはちゅ~るの匂いを嗅がせたいのですが、そもそもおもちに近づけないのです。

 

苦肉の策で、おもちが隠れていそうな場所付近にちゅ~るをポタポタとたらしました。

匂いでおびき寄せる作戦です。

 

作戦が功を奏し、おもちはちゅ~るに導かれるように姿を現します。

最初はこちらの腕を思い切り伸ばした状態で、おもちの顔をマジマジと見ないように気を付けていました。

 

回を追うごとに、おもちと私たちとの距離は縮まっていき、最終的にはすぐ近くでちゅ~るをあげられるようになりました!

 

さすがのちゅ~る様!!

 

とはいえ、食べ終わるとまたサッサとどこかへ消えてしまい、ちゅ~るで懐いたとまではいえなさそうですが、懐くきっかけにはなってくれたような気がしています。

 

20201023204905

 

★最後にポチッとご協力いただけると嬉しいです♪


猫との暮らしランキング

 

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
にほんブログ村

 

★メインブログにもぜひ遊びにきてくださいね😊

マリベルの気ままにまた旅Nyavi